人気ブログランキング |

自然のいとなみ

<   2013年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

暑くて外へ出るのが億劫になります

昨日名古屋市の男子中学生が自宅近くのマンションから飛び降り自殺しました。いじめられていたようで同校の生徒の話では担任の教諭も「死ねるものなら死んでみろ。そんな勇気はないから・・・・」と人の前で本人に言っていたようです。その日に自殺しました。まだこんなことが起きるのですね。誰がどう責任を取るのでしょうか。死んじゃったのですよ。

7/12のニュースでは聞き取り調査に対して担任の教師は「からかわれているのは知っていたがいじめられているとは認識していなかった。あおるような発言はしていない。」と言っているようです。もうこんな事件は起こさないようにしないと。






暑さのピークは明日あたりのようです。今日の名古屋の気温は37.5℃。今日も暑かったですね。



時々見る光景です。蟻の道で渋滞が発生しています。なぜこの様になるのでしょうか。
a0152692_19594087.jpg
a0152692_200497.jpg
a0152692_2003085.jpg



蟻だけではどうも・・・・。いつもの花蓮、「白雪公主」です。最近は分厚い綺麗な八重の花が咲かなくなっています。
a0152692_2054166.jpg



「白雪公主」と「茶碗バス」。
a0152692_209193.jpg



今年はこの「ミセススローカム」が最も調子がよいです。倒れず大きな花がたくさん咲きます。
a0152692_20121076.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-11 20:16 |

連日暑くて昆虫は少ない

今日も暑く35℃を越えています。名古屋で最低気温27.5℃、最高気温37.3℃でした。連日暑いです。



孵化すると思っていたキアゲハの卵はそのままです。そしてキアゲハが近くを飛んでいましたが産卵はしなかったようです。



十六ササゲにカメムシがいました。実の汁を吸うと害虫ですがまだ花も咲いていません。
a0152692_1824035.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     140mm MACRO F4.5 1/1070 ISO200



別の草にいたカメムシ。これは小さく肉眼ではよく見えないくらいです。
a0152692_1843719.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     140mm MACRO F9.1 1/470 ISO200

a0152692_1845947.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     140mm MACRO F9.1 1/540 ISO200



今年初めて見た蝉の抜け殻です。子供の頃は羽化前の蝉を「ドンゴロジン」と呼んでいました。
a0152692_1872830.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     70mm MACRO F4.5 1/270 ISO200 EV+0.3 ストロボ 拡散板使用



スモモが実ってきました。落ちている実にゴマダラチョウがいないか探していますが見あたりません。
a0152692_1891953.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     31mm MACRO F3.7 1/380 ISO200 EV+0.3 ストロボ 拡散板使用

a0152692_189352.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     31mm MACRO F3.7 1/660 ISO200 EV+0.3



破損が大きい蝶がキバナコスモスにいました。これはツバメシジミなのでしょうね。
a0152692_18115152.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6     300mm MACRO F5.6 1/760 ISO200
by attilia | 2013-07-10 18:38 |

暑くて昆虫も少ない 名古屋37.1℃

名古屋の最高気温は37.1℃。予報通りでした。39℃を越えた地方もあったようです。TVでは無理な節電はせず、エヤコンを適切に使用するように呼びかけています。私の部屋ではまだエヤコンは使用していませんが昨年は一度も使わなかったので今のところ無理な節電をしているとは思っていません。ただ、首には濡らしたタオルを巻き、机の上には肘の位置に濡らしたタオルが置いてあります。(これを無理な節電と言うのかな?) 外に出る前には必ず200㏄ほどの水を飲みます。




夕方、アブラゼミが鳴きました。エノキの梢をタマムシの仲間が飛んでいました。遠くてウバタマなのかハッキリしません。暑いので私はあまり出歩かなかったのですが虫たちもそのようで多くは見られません。

アオギリの花ではアブの羽音が聞こえますが高すぎて撮せません。花が咲き終わるとすぐ大きなタネが出来ます。
a0152692_1748035.jpg
a0152692_17472783.jpg
a0152692_17483228.jpg



蜀紅蓮は蕾も濃い色です。
a0152692_17535940.jpg



1個残っていたキアゲハの卵が黒くなってきました。卵内部の模様が少し見えています。明日孵化するかも知れません。
a0152692_17565297.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-09 18:22 |

梅雨明けしました そしてゴマダラチョウが・・

いよいよ梅雨明けです。二日ほど前から梅雨明け状態でいた。名古屋の気象台では昨日が35.2℃、今日は36.2℃、明日は37℃の予報です。ダムの貯水量はかなり回復していますが水の使いすぎには注意が必要です。


二種類のツリアブがいました。私は近づきすぎるので十分撮影しないうちに飛んで行きました。
a0152692_18234558.jpg
a0152692_182478.jpg


シオヤアブのカップルです。
a0152692_1825122.jpg
a0152692_1825326.jpg



冬の間に生ゴミ処理機をひっくり返して耕耘機で土に混ぜ込みました。カボチャのタネがあったようで生えて花が咲きました。
a0152692_18281930.jpg



昨日までにクマゼミの声は聞いていますが今日姿も見えました。まだ近づくとすぐ逃げてしまいます。
a0152692_18304556.jpg



夕方、庭へ行くとゴマダラチョウがスモモの実に来ていました。昨日と今日の午前中にも飛んでいるのは見ているのでいずれ撮影出来ると思っていました。今日は蚊がいたのでゆっくり撮影出来ずに終わりました。
a0152692_18364934.jpg
a0152692_1837460.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-08 18:43 |

キバナコスモスが咲き始めました

今日は名古屋気象台も最高気温が35℃を越えました。真夏になりました。


先日キバナコスモスを撮影した時はまだ数輪でした。今日はその10倍くらい咲いています。最盛期には数えられなくなりますがこの花には蝶がやって来ますから楽しみです。今日見たものはモンシロチョウとアゲハ、ツマグロヒョウモンです。まだ少ないですが秋遅くまで咲きますからこの花は貴重です。


アゲハはここに載せることもないのですが撮したものがないので・・・・・
a0152692_18292176.jpg



ツマグロヒョウモンの雄はここで蜜を吸って優雅な生活が出来そうです。一方雌は・・・・・
a0152692_18335571.jpg



プランターに残っているビオラの周辺に産卵しようと長時間飛び回っています。暑い中、ご苦労様です。
a0152692_18361955.jpg




幼虫が全くいなくなったアシタバに卵は1個残っていました。また蜂に食べられるかも知れません。
a0152692_18422627.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-07 18:47 |

クマゼミが鳴きました 7/6

朝、クマゼミが短時間鳴きました。50年ほど前は7/20頃に鳴き始めましたからかなり早くなっています。
今日の名古屋気象台の気温は昨日と同じくらいですが体感的には一段上がった感じです。大気が不安定で岐阜県では大雨の降っている所があるようですが数日後には梅雨明け宣言があってもよいくらいです。



ニホンウナギが「絶滅危惧種」に指定されるかも知れません。子供の頃、近くの川の堰へ行くと5㎝ほどのウナギの稚魚が小さな流れをよじ登ってくるのをよく見ました。その堰は今はありませんがあの環境はもうないのかも知れません。捕れるだけとるのではなく10年くらい稚魚の捕獲を控えないと本当に絶滅するかも知れません。



キアゲハの幼虫は早朝1頭がいるだけになりました。蜂はここに幼虫がいることを私より早く知っているはずです。終令に近づくまで狩らなかったのは大きく育つまで待っていたのかも知れません。
夕方見に行くと残っていた1頭もいなくなりました。幼虫が場所を変えたのではなく蜂などに狩られた証拠が残っています。
証拠写真は最後に。




「蜀紅蓮」が咲きました。濃い赤です。これで自宅にある全ての品種が咲きました。実は今年の蓮は満足できるものではありませんでした。その原因は見当がついていますのでこれから修正すれば手遅れではないかも知れません。
a0152692_18143686.jpg




1年ぶりに「クモヘリカメムシ」を見ました。昨年名前を教えて戴いたものです。実物は細くて小さなカメムシです。
a0152692_1818857.jpg




キアゲハの幼虫が蜂?に狩られた証拠写真です。
a0152692_18342016.jpg
a0152692_18345355.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-06 18:29 |

庭のいつもの動植物 7/5

昨日? NHKで新美南吉生誕100年の番組【金とく 悲哀は愛に変る ~新美南吉生誕百年~】が再放送されました。その為か検索キーワードに「新美南吉」がありましたので私も南吉のホームページを見てきました。間もなく誕生日です。

新美南吉生誕100年公式ウェブサイト
http://birth.nankichi.org/

新美南吉記念館ホームページ
http://www.nankichi.gr.jp/






庭に白っぽいシジミチョウがいました。交尾中のシジミチョウは判りましたがメガネがないのでよく見えません。カメラで撮影して見ると珍しい種類ではないことがわかりました。
a0152692_1757961.jpg
a0152692_17581090.jpg




昨日咲いていた大賀蓮をもう一度。今日の姿はいいですね。
a0152692_1815726.jpg
a0152692_1814579.jpg



キアゲハの幼虫も連日です。見慣れた模様に変化しました。10頭いた幼虫が7頭になりましたがまだ多すぎます。
a0152692_1851110.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-05 18:18 |

最後の花菖蒲 など

今日、参議院議員選挙が公示されました。今回からインターネットによる選挙運動が出来るようですが内容はよく分かりません。有権者は何が出来て何がダメなのかハッキリ理解できるまではホームページなどにも書き込まない方がいいですね。投票終了と同時に警察官に踏み込まれては大変です。






戴いた花菖蒲の最後の花が咲きました。来年の開花を楽しみに管理していきます。
a0152692_17302431.jpg



今朝NHKラジオを聞いているとリスナーからの質問がありました。花の名前を教えて欲しいというものです。ぼんやり聞いていたので詳細は忘れましたが特徴が幾つか列挙されていました。「高さ1mくらいの茎の上にラッパのような白い花が数輪咲いている」というものだったと思います。それを聞いていると私にも判る植物でした。アナウンサーの答えはインドハマユウです。

庭でも咲いているのでこのブログには何度も載せていますがもう一度。たくさん咲きました。
a0152692_17393542.jpg



この大賀蓮も何度も載せています。
a0152692_17464038.jpg



キアゲハの幼虫は蜂に食べられると思っていたのに数は減りません。全部が成虫になると葉が食べられてしまい大変です。
a0152692_17493724.jpg



スモモが実ってきました。これは多分切り取ってからキウイフルーツのように追熟させてから食べるのだろうと思います。木の下にはたくさん実が落ちて熟していますが枝にあるものはあまり色付いていません。試しに切ってみました。
a0152692_1758252.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-04 18:22 |

7/2の散歩道 その2

今日は雨が降るような、降らないような。今夜からは大雨になるようです。何も撮影していないので昨日7/2の散歩道です。




これは「ハグロトンボ」なのでしょうか。クロっぽい体で薄暗い場所にいました。撮影している時は気づかなかったのですが背中に何か立っています。羽根がうまく開かなかったのでしょうか。
ぶれた画像を一枚追加しました。左前翅(手前側前翅)が変形しているようです。飛び方には特に異常は感じませんでした。
a0152692_17143486.jpg
a0152692_1715011.jpg
a0152692_2049752.jpg
a0152692_17151647.jpg


ゾウムシがいました。先日「池の散歩道」で見たものに似ていますがゾウムシは皆似ていますね(そんなことない)。風が吹いて止まっている草の葉が揺れたので画面の隅に行ってしまいました。
a0152692_1720126.jpg
a0152692_17205732.jpg


キマダラセセリがヤブガラシの花に来ていました。蝶の口吻には人間のように蜜を吸い込む機能はないと先日NHKのテレビで知りました。何故蜜が吸えるのかが判ると産業にも応用出来るということです。今までに実用化されたものには蝶の翅を模して作られた扇風機の羽根や剥がすのは簡単でも接着力の強いテープ。これはイモリの足の裏に生えているものを似せて作ったものです。この様なものが紹介されていました。扇風機の羽根はアサギマダラの翅だったと思います。面白いですね。
a0152692_17222178.jpg
a0152692_17231234.jpg
a0152692_1723433.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-03 17:46 | 散歩道

ミドリシジミの卵とサツマシジミ

先日庭でウバタマムシを撮影したので「公園の散歩道」にタマムシがいないか、午前中に探しに行ってきました。





給水塔に登り、上から林を見ると昨年はタマムシが入れ替わり同時に何頭も飛んでいるのが見られました。
今年は時期が合わないのかなかなか見られません。諦めかけていると5m位先を固い翅をV字にして飛んでいるタマムシを見ることが出来ました。その後、10mほど離れた桜の木に止まるところを見つけたので撮影を試みたのですが私のコンデジCX6ではゴチャゴチャしているものをフレームに入れるのは難しく諦めました。

数は少なかったのですが昨年と同じ場所で目的のものが見られて幸運でした。




ミドリシジミの卵はどうなのか見てきました。散歩道のはじめてのハンノキ林で道のすぐ横で草が少なく探しやすい木がありました。近づくと白くなっている部分があり、私の肉眼でも卵塊であることが判りました。何枚も撮影したのですがボケたものばかりです。暗くてぶれたのかも知れません。一枚だけ。この木には数卵塊ありました。

奥のもっと太いハンノキ林では数本で探してみましたが見つかりません。高い場所に産み付けられているのかも知れません。草むらにはあまり好きではない爬虫類がいるかも知れません。噛まれると面倒なので冬眠するまで入らないようにしています。
a0152692_1893970.jpg





その同じ場所でヤマトシジミを撮影し、確認しましたが飛んでいるヤマトシジミとは明らかに色の違うシジミチョウも飛んでいます。ヤクシマルリシジミかと思い撮影して確認するとサツマシジミです。サツマシジミを見たのは数年前の西尾市三ヶ根山以来でこれが二度目です。翅が少し破れていますが翅表の青は綺麗でした。

これは何でしょうか。私は翅の裏を見ないと判りません。・・・・・これはヤマトシジミでしょうね。
a0152692_18243568.jpg



確認するために撮影したものです。これだけ写れば私にもサツマシジミであることが判ります。鳥の糞にも飛来していました。
a0152692_18261611.jpg
a0152692_2128392.jpg



よい場所に止まったので何枚も撮せました。撮影していると翅を開き始めました。青い翅表がよく見えたのですがEV+0.3になっていました。EV-0.7程度でもよかったのに青色がとんで白くなってしまいました。
a0152692_18341346.jpg
a0152692_18342939.jpg
a0152692_1835042.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-02 18:51 | 散歩道