人気ブログランキング |

自然のいとなみ

昨日9/7の壱町田湿地

早朝に2020年のオリンピックが東京で開催されることがきまりました。オリンピックを日本に招致したことに異議はありませんが震災復興予算が全く関係ない事業に使われたようにオリンピック予算として湯水のように使われることを心配しています。2020年には国の借金残高が現在の1000兆円から1500兆円になっているかも知れません。

また原発事故による汚染水問題です。外国に向けては「安全」と言っています。「状況はコントロールされている」とプレゼンテーションで発言していますが毎日数百トンの汚染水が海に流れていると言われています。東京は安全かも知れませんが福島原発について日本国民が納得するような説明や行動が見られません。この様な状況では対策が後手後手になって手の付けられないことになるかも知れません。
安倍首相のプレゼンテーションでの発言は事実と異なる部分が多くあるようです。嘘を言ってオリンピックを誘致した形です。









壱町田湿地は私が見に行ったなかで最も調子が悪い年に感じました。湿地に本来ないはずの「草」が茂って「湿地」部分が狭くなって来ました。

今年は一つ実験がされたようです。シロバナナガバノイシモチソウはこの湿地の売りになっていますが一時期タネを蒔いて殖やした時期もあったようです。ところがタネを蒔いた場合は遺伝的に似たものばかりになり、何かのきっかけで絶滅する可能性があるようです。そこで古い時代にこぼれて土に埋まっているタネを掘り起こし発芽させようとする試みです。うまく遺伝子の多様化が出来るとよいと思います。



そのシロバナナガバノイシモチソウです。木道から撮影したので遠くて撮影しにくいです。昔はこの粘液にハッチョウトンボがくっついている写真がありましたがそのハッチョウトンボは今は絶滅したようです。
a0152692_1844930.jpg
a0152692_18599.jpg



ミミカキグサ類は数種類あるようです。これは「ミミカキグサ」でしょうか。肉眼ではよく見えません。帰りにミミカキグサが多く自生している場所に立ち寄ったのですが今年は一本もありません。夏の水不足で育たなかったのかも知れません。
a0152692_18422254.jpg



シラタマホシクサは草丈の低いものがありました。来年は水が十分ある年になってもらいたいです。
a0152692_1816292.jpg
a0152692_18164577.jpg



湿地とは別の場所でこんな花が咲いていました。
a0152692_181953.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-09-08 18:49 | 知多半島