人気ブログランキング |

自然のいとなみ

チャバネセセリ

早朝庭に出ると菊の葉にヤマトシジミが止まっていました。翅を閉じて体が水平になっています。眠るときはこのようなスタイルなのでしょうか。すぐ近くにセセリチョウの仲間がいました。こちらは普通の止まり方です。





撮影するとイチモンジセセリではありません。それと同様に普通種のチャバネセセリでした。でも庭で見ることは少ないです。
チャバネセセリの分布はあまり広くないのですね。誠文堂新光社の「日本のチョウ」によると千葉県と山口県を結ぶ線より南側に生息しているようです。「☆」印です。

この本では同じページに載っているミヤマチャバネセセリは北海道を除く地区にいるようですから気にしていれば見つかるかも知れません。後翅裏面の中央にハッキリした白斑があるようですから判りやすいです。ただ「☆☆☆」印ですから個体数が多くないのか局地的な発生なのかも知れません。それともミヤマにいるのでしょうか(平野部には生息しないようです)。そういえば私はミヤマチャバネセセリをまだ見たことがないようです。



これは多くを撮影しないうちに飛んでいきました。ブレ(ボケ)たものを載せるのは不本意ですが・・・・・。
a0152692_18232939.jpg
a0152692_18234699.jpg
a0152692_1824660.jpg



アオギリのタネが見えてきました。
a0152692_18255229.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6
by attilia | 2013-07-25 18:30 |