人気ブログランキング |

自然のいとなみ

B787の部材製造工場

最近ボーイング社の最新鋭旅客機 787 のトラブルが続いています。事故にまでは至っていませんが心配です。


このB787は日本国内で多くの部材が作られています。その工場のうち、胴体と主翼の接合部分(中央翼) は半田市内で作られています。この工場が完成したのは2006年です。

この場所には太平洋戦争当時、戦闘機などの製造工場がありました。作られた機体は滑走路からそのまま飛び立てるようになっていました。そのため戦後、そこが畑になってからも長い間「滑走路」と呼ばれていました。
米軍の空母艦載機などの爆撃によって焼けた工場の建物は昭和30年頃まで残っていました。そして焼け跡に建てられた工場は「ナカシマ」と呼ばれていました。これは戦闘機製造工場当時の会社名です。

その工場が今は旅客機の部材を製造し米国に発送しています。半世紀も経つと環境は変わるものですね。

今年撮影したその工場の外観です。家の近くですから毎日のように見ている建物です。
a0152692_2073429.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6

ネット上で見つけた2006年4月に載せられたものです。
富士重工業株式会社のホームページの一部?
マスコミに公開された工場内部←消去されました
by attilia | 2013-01-10 20:28 | 知多半島