人気ブログランキング |

自然のいとなみ

4/24 蛹で冬を越したアサギマダラの羽化 失敗しました

昨年の秋に南下途中のアサギマダラが庭のキジョランに卵を産み付けていきました。幼虫は五匹確認し、全て終令幼虫の段階まで進みました。一匹が前蛹段階で二月上旬に死亡しました。この時は朝の最低気温が-3.3℃の日もありました。その後蛹になっていた四匹の内一つの蛹が黒くなり死亡したようです。まだシュロの葉裏にぶら下がっています。

五匹の内、最初に蛹になったものが今朝、黒くなっていました。この黒化は羽化直前の状態だと判断してネットを被せました。

明日羽化だろうと思っていたのですが午後そのネットを見るともう羽化が済み蛹はカラになっています。アサギマダラはどこにいるのか探しても見つかりません。ネットを外して地上まで丹念に調べると羽化が完全でなく足の力も弱い雄のアサギマダラがいました。

蛹になった四匹の内、羽化出来るものが有るとすればこの蛹だと思っていたので残念でした。しかし、例年より寒い冬をよく越せたと思います。

2012-04-24 am8.18撮影
a0152692_17354321.jpg


am10.22撮影 蝶と蛹の殻の間に空間が出来ています。
a0152692_17364550.jpg


am10.26撮影 ネットを被せました。ネットの右側のシュロの葉裏にも蛹があります。ネットの向こう側、中央の太い木(月桂樹)の向こう側にあるシュロの葉裏にもう一つ蛹があります。
a0152692_17382071.jpg


pm2.47 羽化が失敗していました。
a0152692_17421957.jpg


蛹の殻 pm4.05撮影
a0152692_17443685.jpg


pm4.08撮影  室内でしばらく過ごした後です。足の力が弱く上手く止まれません。その為に蛹の殻から落下したのかも知れません。
a0152692_17482373.jpg
RICOH CX6 4.9~52.5mm F3.5~5.6

残りは蛹二個です。両方とも一部変色しているので上手く羽化できないかも知れません。
by attilia | 2012-04-24 18:31 | 庭 昆虫