人気ブログランキング |

自然のいとなみ

藤原岳 2012.3.21.その3

一日雨が降り続けました。今日はお出かけできません。山へ行った翌日(3/22)は体のアチコチが固くなっていましたが筋肉痛にはなりませんでした。西尾市の山へ何度も出かけた為かも知れません。今日は普段の体になりました。

昨日に続いて3/21に出かけた藤原岳です。八合目の裏道分岐あたりにはセリバオウレンが咲いているはずですがなかなか見つかりません。何とか咲いているものを見つけましたが凍りついていて撮影には不向きなものでした。それで帰りにまた探すことにしました。ここからは登山道に雪が残っています。例年この時期には福寿草がたくさん見られるのですが黄色いものは全く見られません。足下に注意して登るだけです。
a0152692_17493760.jpg


九合目には毎年早くから福寿草が咲きます。朝早かったためか蕾はあるものの花が開いているものは少ないです。これも帰りにもう一度見ることにします。九合目を過ぎると夏の道とは違う方向に道が出来ています。ロープである程度歩く道を規制した方が植物にはいいでしょうね。
a0152692_17564577.jpg
a0152692_1757533.jpg


小屋の周辺は雪が少なくぬかるんでもいません。ここへ来ても山頂へ行くのは2年に1回程度です。今日も行かずに天狗岩方向へ登った見晴らしのいいところまで行き引き返しました。風が強く寒いのでウィンドブレーカーを着ました。ペラペラなものですが暖かくなります。小屋まで戻るとたくさんの方が小屋周辺で休んでいます。寒かったので私は小屋の中で昼食です。
正面の山が藤原岳山頂(展望丘)です。標高では「天狗岩」の方が高いと思います。
a0152692_1884594.jpg


この小屋は「藤原山荘」となっています。以前ここでご一緒した人が「山荘となっていたので食堂があると思っていた。万が一ないといけないので昼食を持ってきてよかった」と話されていました。ここは年中無人の「避難小屋」と呼んだ方が正しいです。一階にはテーブルがあり一休み出来ます。二階は板敷きですが横になって寝ることが出来ます。自由に利用できます。
a0152692_18175664.jpg
a0152692_18181786.jpg


帰り道です。見知らぬ人にモデルになって戴いています。雪解けが終わるまでは「田圃」状態になる場所です。ここから標高差約1000mを今日は一気に下りました。町の眺めがいいですね。
a0152692_18275331.jpg
a0152692_1828896.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6

今まで花の写真は全くありませんでした。それほど撮すものがなかったのですが・・・・・・。
by attilia | 2012-03-23 18:40 |