人気ブログランキング |

自然のいとなみ

5/18御池岳その2

今回6/18はコグルミ谷を登り、御池岳→奥ノ平→ボタンブチ→御池岳→鈴北岳→鞍掛峠→コグルミ谷登山口 と歩いてきました。天気が良く風も少しあって快適でした。

奥ノ平・ボタンブチへは今回初めて行ってきました。以前向かったこともあったのですが笹が生い茂り藪こぎをしなければならなかったので引き返したことがありました。今回は何故か笹は無く、あっけなく奥ノ平まで行けました。ボタンブチの写真は登山ガイドブックでは見ていましたが私のカメラでは撮りきれません。



カタクリ峠までは何度もUPしているのでカットです。コグルミ谷ではイチリンソウ・ニリンソウの咲き終わりのもの、オドリコソウ・ヤマブキソウ・フタリシズカの咲き始めのものが見られました。カタクリ峠からはイワカガミの咲き始めのものやカタクリ・ヤマエンゴサクなど。真の谷最上部に出会うあたりからはニリンソウが最盛期で綺麗に咲いていました。

カタクリ峠で出会った三人組です。コースが同じであったためストーカーのようにつきまとってしまいました。何度も写真に出てきます。芽吹きも進みこれからは視界が遮られてきます。
a0152692_18353732.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F3.5 1/1070 ISO200

稜線上などを歩き少し下ると真の谷最上部に出会います。谷に沿って進むとすぐに鈴北岳・御池岳分岐です。バイケイソウの群落の中に所々ニリンソウがかたまって咲いていました。
a0152692_18451927.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     31mm MACRO F7.4 1/810 ISO200

御池岳山頂直下にボタンブチ分岐がありますのでそちらへまず行ってみます。道標は何年も前から壊れたままになっています。
a0152692_18462930.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/440 ISO200

林を出ると奥ノ平までの草地が広がりました。あちこちに道標がありますので迷うことはないと思います。最上部に下の標識がありました。
a0152692_18522542.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/1150 ISO200

a0152692_18524959.jpg
中央部の左側鉄塔の場所が藤原岳・御池岳縦走路のある稜線。鉄塔の右に天狗岩や藤原岳が見えています。
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/1870 ISO200

次にボタンブチへ向かいました。草地の中には縦横に道が出来ています。本当の道か、鹿などの獣道かは判りませんので出来るだけ道標に従いました。奥ノ平あたりからボタンブチを見ると三人組が見えます。岩陰で昼食のようです。
a0152692_1959100.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     300mm F5.6 1/1320 ISO200

a0152692_1965514.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     300mm F7.7 1/870 ISO200

a0152692_19594466.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/1070 ISO200

ここの崖は落差が大きく幅も広いです。崖っぷちで谷底を見ると足がすくみます。谷底までは約550mの標高差のようです。東京スカイツリーに近い高さなんですね。写真には撮りようがありません。谷底の木々などはパッチワークのように濃淡・色合いに変化があります。毎年この時期の山は綺麗です。
a0152692_19155046.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/1000 ISO200

a0152692_19161649.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6     28mm F7.0 1/870 ISO200
今日は捕虫網を持って歩きました。ザックにもアサギマダラの写真が貼ってあります。そこでまた三人にアサギマダラの話です。「私がつけた名前ではありませんが幼虫のたべる植物は『鬼女ラン』」というと不満げです。『美女ラン』にした方がいいですね。
by attilia | 2011-05-19 19:38 |