人気ブログランキング |

自然のいとなみ

RICOH CX4のマルチターゲットAFとは

CX4にはマルチターゲットAFという機能があります。これはシャッターを半押しするとカメラが5箇所のピント位置を自動的に決定します。そして全押しするとそれぞれのピント位置にピントを移動して5枚の連続撮影をするというものです。

撮影後の映像ではどこにピントが合っているのか「緑の枠」で表示されます。これはCX4の液晶モニターだけで見られます。その画像をPCにコピーした場合には表示されませんからモニターをCASIO EX-FH25で撮影しました。大変見にくい画面ですがイメージだけは判ると思います。カメラで目的の場所に一番近い所にピントが合っている画像を選択できます。

試しに撮影した画像です。1/5~5/5までの番号が付いています。選択した画像は2/5です。1/5は花びらから外れたところにピントが合いました。2/5、3/5は花の後ろ側に、4/5、5/5は花の手前側にピントが合っていました。これらはMPファイルとして保存されていますが全ての画像を通常の静止画として取り出すことが出来ます。
a0152692_20314517.jpg
a0152692_20322638.jpg
a0152692_20324342.jpg
CASIO EX-FH25 26~520mm F2.8(W)―4.5(T)

選択した2/5の画像です。実験のためだけに撮影したものです。
a0152692_2035122.jpg
RICOH CX4 4.9~52.5mm F3.5~5.6   300mm MACRO F5.6 1/810 ISO200
by attilia | 2011-01-22 20:52